女の子誕生!

2013年3月8日 午前7時47分
無事、女の子を出産いたしました。

b0153080_6381413.jpg



予定日よりも2週間早く。
2705キロ、47センチ。

b0153080_6375764.jpg



現在母乳がぶ飲みで、すくすくと育っています。
今後も、親子共々、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by relax124 | 2013-06-03 06:45 | ひび

June Bride in Florida

6月は結婚式の季節
フロリダはライブオークという、ジャクソンビル空港から車で1時間の片田舎で、日本人と米国人の結婚式。
b0153080_983110.jpg

新婦の母親は着物を着て
b0153080_10111884.jpg

新婦の父親は袴を着て
b0153080_991284.jpg

新郎の父親は式の神父を務め
b0153080_993194.jpg

姪っ子はフラワーガールに
b0153080_9421355.jpg




ゲストにとって、
初めて観る日舞
b0153080_10105114.jpg

初めて聴く尺八
b0153080_9104886.jpg

新婦の母から、新郎の母へ扇子と舞傘の贈り物
b0153080_5143489.jpg

初めての、日本人による英語でのスピーチ
b0153080_919215.jpg



待ちに待った、結婚式。
b0153080_1027327.jpg




2008年に入籍済みの私達の、遅ればせながらのウェディング。
夫の実家であるフロリダはライブオークという片田舎。
私の両親、夫の親族と少しばかりの友人達に囲まれての、ささやかな式。義父の教会にて。
着物を準備、着付けもしてくれた母、英語を練習、尺八でスワニーリバーまで披露してくれた父。
そして夫の両親は、忙しい中諸々の式の準備を取り仕切ってくれました。

こんな結婚式ができて、私達はとても幸せです。
b0153080_9211299.jpg


----------------------------------------------------------------

日本から呼べなかった大切な家族や友人たちへの、ご報告とさせていただきます。

そして、ドレス一式を譲ってくださったEriさん、
両親の通訳をしてくだったさん、Terumiさん、
改めて、お礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
[PR]

# by relax124 | 2011-08-21 10:29 | ひび

Halloween 2010

トリック オア トリーーーーーート !! 
b0153080_1853834.jpg

今年もやってきました。ハロウィーン。
大好きなオレンジに囲まれるだけでも、気分高揚。
更に一年に一度、彫刻職人になった気分になれる日。
カボチャでアート。つまり南瓜で芸術。
残らないものだけど、気合を入れて、一彫り入魂。
***********************************
b0153080_19193782.jpg

ダンナ作。迫力満点。目力強力。

***********************************
一方、私は今年は平和なカンジで。
木の枝を失敗するも、キャンドルの灯りが全てを良しとしてくれています。
何気に林檎でごまかしたりして。
b0153080_18534999.jpg


温かい灯りで、なごむ・・、むむ? 怪しげなシルエットが・・・・
b0153080_1855491.jpg


ジャジャン、実は裏がウルフ。影はクマみたいだけど、正真正銘、ウルフ。
やっぱりハロウィーンは怖くいきたい。ブルブル。
b0153080_1181767.jpg


ちなみに横はこうなってます。
b0153080_18554389.jpg

仲良く撮影。なんとも騒がしそうな両名。
b0153080_1856498.jpg



実はもう一個、平たいカボチャを買ってあるので、飽き足らず、明日彫る予定。
もう肩はバンバン。でも一年に一回の楽しみなので。
しかしいかんせん、中身を取り除く作業は本気で重労働。
高さのあるカボチャは中身も盛り沢山で、もーーー、大変。

でも、それも満足感、達成感を学ぶ為には必要不可欠な作業。
人生のなんとやらを、学ぶハロウィーン。

ちなみに10ヶ月ぶりの更新ですが、私はダンナ共々元気にやっています。
[PR]

# by relax124 | 2010-10-31 19:50 | 趣味

クリスマス in フロリダ

クリスマス、ダンナ君の実家であるフロリダへ行ってきました。
2年前、結婚する前に一度行ったことがあるだけで、今回は2度目。
b0153080_11175865.jpg


サンフランシスコ空港からヒューストン空港まで4時間。
乗り継いで目的地のジャクソンビル空港まで2時間。
夜10時半に空港で待つ彼の両親とご対面。
更にそこから1時間半かけてハイウェイを走り、やっと真夜中の12時に家に到着。
気持ち的に、日本よりも遠く感じるなんて、おそるべきアメリカ。
本当に国内移動だったのか?実は無駄にヨーロッパとか経由したんじゃないかの?と疑う。


それにしても、さすがフロリダは暖かい。家の中はTシャツでいられる。
数日ノンビリ過ごした後、待望のクリスマス。
朝、ツリー下に置かれた沢山のプレゼントを家族全員であける。
みんな大人だけど、やっぱりプレゼント開封の瞬間はいい笑顔。

夜は親戚が一同にかいし会食。
全ての料理はダンナ君のパパ担当。しかも上手。
うちのダンナ君にはこの血は受け継がれなかったらしい。チッ。
b0153080_102785.jpg

こちらは、ハムとチーズ数種を入れた座布団のような前菜。
間違いなくハイカロリーですが、勿論美味しい。
b0153080_10272214.jpg

ご覧の通り、前菜には野菜一切無し。楽しくも怖いホリデーの始まりの予感。
順調な体重増加が約束される。
メインの料理は写真を撮り忘れちゃったけど、美味。
お手製ハムと蒸し野菜などなど。

天使と・・・子悪魔? 
b0153080_1048352.jpg


お客様が帰った後は、家族で葉巻タイム。そして中に戻って若者はポーカーゲーム。
本当にアメリカ人にとっては、クリスマスは特別。
日本人にとっての正月と同様に、その日丸々を楽しむ。
何事も無く、楽しめることの平和に感謝。

---------------------------------------------------------------

翌日は義兄夫婦の赤ちゃんの一才の誕生会。
プレゼントとケーキでお祝い。
b0153080_10341625.jpg

これでもかっって程に甘かった。でもすごく美味しいと思えた自分に焦り。
アメリカ的味覚になってきているのかも。
b0153080_10342972.jpg

ネコだらけ。
b0153080_10313581.jpg

子供だらけ。
賑やか!
b0153080_10321712.jpg


ダンナ君の実家に来てるというのに、料理は全部パパの仕事だし、片付けは全て
自動食洗機だし、特にやることもなく、楽でした。

というわけで、数日間十分にダンナ君の家族との触れあいを満喫し、帰りの日を迎える。
これが・・・大変だった。
ニュージャージで起きた台風の影響で最初に乗る便が遅れ、乗り継ぎ便に間に合わず。
更に各地で天候不良が起きて他の便にも影響が出て、席のキャンセルが出ず、
空港で6時間待ったあげく、結局飛行機に乗れずホテルに一泊して翌朝の便で帰る。
疲れた・・・。
次回はもっと余裕を持ってチケットを取ろうと二人で心を決める。
[PR]

# by relax124 | 2010-01-04 12:24 | お出かけ

ハロウィーン 2009

今年も彫りました。
かぼちゃ。

仕事が終わってからヘトヘトの状態で始めた作業でも、やっぱり楽しい。
一心不乱な状態で出来上がったのはガイコツ。炎と共に参上。
やっぱりハロィーンは怖くなくちゃ。

b0153080_12293493.jpg

[PR]

# by relax124 | 2009-11-15 12:32